年齢退行療法について

インナーチャイルドを癒す

年齢退行療法とは、抱えている問題や心の痛みの原因を幼少期にさかのぼって見つけだし、原因を理解し、その方にふさわしい方法で解消するための心理療法です。

誕生~幼児期~子ども時代、保護者なしでは生きていけない状況で、親や周囲の環境が与える影響は計り知れないものがあります。特に8~9歳に満たない子どもは、顕在意識は眠っているような状態で潜在意識が優位なので、「自分らしい考え方や行動」を否定された経験や好ましくない環境などは、柔らかな心に深い傷を残します。

8~9歳頃にでき上がる、顕在意識と潜在意識をへだてる”膜”によって、心の傷は隠されます。けれど、癒されることのない深い傷に苦しむインナーチャイルドは、大人になってからも潜在意識の奥からSOSを発信し続けます。

そのSOSは、理由のわからない「自己嫌悪」「不安感」「焦燥感」「空虚感」「不必要な義務感」「コントロールできない怒り」「ある事に対する過剰な反応」などの現象をもたらすことがあります。年齢退行療法では、インナーチャイルドに出逢い、耳を傾け、心を通わせ、深い傷を癒すプロセスを体験していきます。

■ 料金 • セッションの流れ

年齢退行療法(3時間):30,000円

年齢退行療法(ロング・5時間):50,000円

通常のカウンセリングと時間をかけたセラピーです。じっくりと時間をかけてインナーチャイルドと向き合いたい方、遠方の方や何度もお休みが取れない方などはロングセッションもご利用頂けます。(途中でお昼休憩をはさみます。)

セッションの流れ

①カウンセリング

②催眠誘導~セラピー

③アフターカウンセリング

※セッション前日は十分に睡眠をとって、リラックスした気持ちでお越しください。セッション前日から飲酒を避け、身体を締め付けない楽な服装をお願いします。延長料金は頂いておりません。
○当サイト内の記事及び画像等の無断使用、無断転載を禁止します。