お知らせ

サロン紹介

癒しの扉

わたしたちは「Holistic(ホリスティック)」な存在です。ホリスティックとは全体、バランス、調和という意味です。人は「心と身体と魂」から成り、家族、友人、社会や自然界など目に見える世界、そして目に見えない世界とも有機的につながり、バランスをとって存在しています。ひとりひとりが唯一無二の「かけがえのない存在」なのです。魂の成長のために、わたしたちはさまざまな感動を経験します。感動とは、感情が大きく動くこと、すなわち、喜怒哀楽すべてを指します。時には、魂の磨き砂ともいえるような痛い感動を味わい、深い心の傷を負うこともあります。本来、人は自らを癒す力を備えていますが、負の感情や感覚が強すぎる場合、心の自然治癒力は低下し、長く心の傷が癒えないことがあります。そうすると、心身相関により、心の不調が身体の健康に影響を及ぼすこともあるのです。

そんな時は、RAINBOW ORBの癒しの扉をたたいてください。じっくりとお話をお聴きするカウンセリング、お悩みに相応しいヒプノセラピー(催眠療法)のセッションを通じて、どなたも必要な体験をされ、光に照らされ、心の傷を癒し、大切なギフトを受け取られることになります。唯一無二のあなたに、真心こめて寄り添います。

スクール紹介

クライアントの心の自然治癒力を高める

当スクールの講師は、日本臨床ヒプノセラピスト協会(JBCH)、米国催眠士協会(NGH)、米国催眠療法協会(ABH)、国際催眠連盟(IHF)のインストラクター資格を取得しています。また、日本ホリスティックアカデミー(JHA)の認定校として、信頼ある体系的な催眠療法学習のカリキュラムをご提供いたします。最新の脳科学に基づいたヒプノセラピーの理論と実践をバランス良く学んでまいりましょう。丁寧かつ誠実に指導させて頂きます。

ヒプノセラピースクール・ルネッサンスウーマンという名称は、当スクール代表が前世療法の世界的権威、ブライアン・L・ワイス博士と2015年春に歓談させて頂いた時に、ワイス博士から「あなたはルネッサンスウーマンですね」とニックネームを贈られたエピソードにちなんでいます。

ヒプノセラピーは「催眠」と呼ばれる変性意識状態を利用して脳にポジティブなビジョンを植え込んでいったり、潜在意識に働きかけて脳(あるいは魂)に残るネガティブな記憶を処理することで、心因性の問題の軽減と解消を援助するセラピーで、米国医師会も有効と認めています。ヒプノセラピストはクライアントさんが自らの癒しの源泉に触れ、気づきの光を体験されるプロセスに寄り添います。そのためには催眠療法についての正しい知識をしっかりと学び、多種多様で高度なスキルを身に付けている必要があります。また日々心を磨き、感受性を高め、学び成長を続ける姿勢も大切です。

ヒプノセラピーを学び、潜在意識と脳と記憶の関連性について理解を深めることは、各種セラピーやカウンセリングのお仕事をされている方だけでなく、幸せな人生を望むすべての方に価値ある学びとしておすすめです。

受講の流れ

■ すべての方におすすめのコース

■ ヒプノセラピストを目指す方のためのコース

■ ヒプノセラピストとして開業するためのコース

ナレーション音声「ヒプノヒーリング」

全身全霊を癒しのエネルギーで満たす、ヒプノヒーリングの音声です。日々のメンタルケアのために、深いくつろぎのために、毎日の心の栄養補給に、安眠のために、さまざまに、ご活用頂けましたら幸いです。
※再生音量にご注意下さい。やや小さめの音量で、可能でしたらヘッドフォンでの視聴をお勧め致します。

■ ナレーション:RAINBOW ORB 珊瑚珠色

※公開・配信の内容は著作権にて守られております。再配布及び無断転載等は固くお断りいたしております。