ままひぷのについて

親子の幸せなコミュニケーションのために

「ままひぷの」は、親子の幸せなコミュニケーションのためのヒプノセラピーです。主に2つのアプローチ方法があります。

ひとつは、ご自分の妊娠安定期のあの時代へとワープして、その時はまだ胎児であるお子さんと、現在につながる「意味あるコミュケーション」をとる、という方法です。“子どもは母親を選んで生まれてくる”という説を前提として、たとえば、「どうしてママを選んだの?」と訊ねて、その理由をきくことができます。また、たとえば、「あなたが中学生になったとき、お母さんはこんなことで子育てに悩むのだけど、どうしたらいい?」のように問いかけて、その方策を教えてもらうこともできます。親子のコミュニケーションを快適にするための、さまざまなヒントやメッセージを受けとられることでしょう。

もうひとつの「ままひぷの」のアプローチ方法は、母性に関するお悩みを対象としています。「子どもをうまく愛せない」「子どもを大切に思っているのに、つらく当たってしまう」「母性って何だろう。世間のいう理想の母親像は受け入れがたい」というような、お悩みの軽減と解消を目的としています。

母親である前に、ひとりの人間であるご本人の人生の物語(ナラティブ)に寄り添い、テーラーメイドのヒプノセラピーをご提案させていただきます。いま必要なご体験をされることとなります。

■ 料金

ままひぷの(3時間):30,000円+税

※セッション前日は十分に睡眠をとって、リラックスした気持ちでお越しください。セッション前日から飲酒を避け、身体を締め付けない楽な服装をお願いします。
○当サイト内の記事及び画像等の無断使用、無断転載を禁止します。